不動産投資と新築物件と中古物件

不動産投資

不動産投資について

不動産投資と新築物件と中古物件

不動産投資では、新築物件の場合には、価格が中古物件より高いので、利回りが低くなる傾向があります。
これは当然のことですが、購入した時点から価格も下がり中古物件になるので、収益ということでも、値下がりのトレンドや率も調べておき、予想しておくことが重要になります。
また、売却する場合の出口戦略も重要になります。
中古マンションでは、築10年の壁があり、築十年以内に売却するのか、それ以後も賃貸経営をするのか、またいつ売却するのかなども考えておく必要があります。
不動産投資では税金の軽減も重要な目的ですが、新築の方が有利になりますし、住んでいる場合には控除率も高くなります。
それらの知識も必要になります。
また、賃貸経営では、中古よりも新築の方を利用したいと考えるのは誰でも同じです。
その点も、新築の方がメリットがあるということになります。
中古物件の場合にはリフォームなどをしないと売却できなかったり賃貸でも必要になりますが新築物件では、その必要もありません。