不動産投資にはしっかりとした確認が必要です

不動産投資

不動産投資について

不動産投資にはしっかりとした確認が必要です

不動産投資を始めるとき、新築マンションを買うよりも中古マンションを買ったほうが最初の自己資金は少なくて済みます。
だから自己資金が少ない人には中古マンションを不動産投資に充てる方法はおすすめです。
しかし中古マンションには注意しなければいけない点もあります。
まずはそのマンションにどんな住民が住んでいるのか調べてみましょう。
宗教団体が住んでいたりすると資産価値は下がってしまうので、不動産投資には向かない物件となってしまいます。
あとは前の住民がきちんと管理費や修繕費を支払っていたのかも重要なポイントになります。
もしも前の住民が支払っていなければ新しいオーナーが負担することになってしまいます。
これでは利益を生むどころか最初に損失になってしまいます。
あとは管理会社がしっかりしているかも確認しましょう。
管理が行き届いているマンションは中古であっても資産価値があります。
マンションは管理が命ともいえるでしょう。