不動産投資での中古物件のメリット

不動産投資

不動産投資について

不動産投資での中古物件のメリット

不動産投資では、やはり中古物件を活用するという方法が中心になります。
新築物件では、購入する場合の費用が高くなります。
そうすると利回りも下がるということで、長く運用できますが、最初の購入費用が収益に響いてきます。
しかし、中古物件の場合には、購入を新築物件よりも低く抑えることができるので、利回りも高くすることもできます。
また、今までの使用状況を物件を見て判断できます。
管理状況や設備や耐震性能や、その他の住みやすさなどです。
そして何よりも物件の数が非常に多いということで、色々な物件を比較して選ぶことができる選択の幅が新築物件よりも広く設定できるということもあります。
デメリットとしては、耐震基準などでは、心配な物件もありますので、その点もよく調べて選ぶということが中古物件の不動産投資では重要なポイントになります。
そして、建て替えなどや管理での管理組合などのトラブルも予想できますので、その点も調べておく必要があります。